金属熱処理加工の(株)松徳工業所
ISO9001認証取得
日本工業規格表示認定工場
日本工業規格表示認定工場
JQA-QM6819
  松徳工業所ホームへ 会社概要 技術紹介 加工設備紹介 検査設備紹介 お問合せ  
Technology
技術紹介    








 
光輝焼入(HQB)
鋼の表面の酸化、脱炭を防ぎ、金属的光沢を失わないように、炉気調節炉中で加熱し、光輝焼入油の中に急冷する処理
(S45C、SCM435、SK、SKS、SUJ等)

ガス浸炭焼入(HCGQ)
鋼の炭素含有量を増加するため、浸炭性ガスの中で加熱し、浸炭し、焼入する処理
(SCM415、SPCC、SWCH、STKM等)


ガス浸炭窒化焼入(HCNGQ)
鋼の炭素含有量を増加するため、浸炭性ガスの中で加熱し、浸炭し、焼入する処理
(SCM415、SPCC、SWCH、STKM等)


真空焼入【加圧ガス冷却】(HQVG)
真空炉を利用し、真空又は少量の不活性ガス中で加熱後、冷却剤として、不活性ガスで急冷する処理
(SKD、SKH、SUS、SUH等)

真空焼入【油冷却】(HQVO)
真空炉を利用し、真空又は少量の不活性ガス中で加熱後、冷却剤として、油で急冷する処理
(SUJ、SKS、SKD、SKH等)

光輝焼なまし(HAB)
鉄鋼の表面の酸化、脱炭を防ぎ、金属光沢を失わないように中性ガス中で加熱し、徐冷する処理
(S45C、SCM435、SKS、SUJ、SWCH等)

真空焼なまし(HAV)
鉄鋼の表面の酸化、脱炭を防ぎ、金属光沢を失わないように真空中で加熱し、冷却する処理
(SUS、SUJ、SWCH、銅、チタン等)

焼ならし(HNR)
鋼の組織を常態化するため、変態点以上適当な温度に加熱した後、静かな大気中で冷却する処理
(S45C、SCM435、SKS、SUJ、SWCH等)

固溶化熱処理(HQST)
鋼の合金成分を固溶体に溶解する温度以上に加熱して十分な時間保持し、急冷してその析出を防止する処理
(SUS、SCS等)

時効硬化処理(HG)
硬さ、強さ又は耐食性などを増進させるために適切な温度で固溶化熱処理した製品を均熱保持する処理
(SUS630、SUS631等)

サブゼロ処理(HSZ)
鉄鋼製品の耐磨耗性の向上、経年変形などを防ぐために、焼入後直ちに0℃以下の低温度に冷却する処理
(SUJ、SKS、SKD、SKH等)

ショットブラスト(SBSH)
熱処理後のスケール、浸炭防止剤を除去するために、硬質粒子を部材に吹き付けて、表面に付着している異物をはね飛ばし除去する処理


黒化処理(ST)
耐食性・耐磨耗性を付与するために 適切な温度で加熱し酸化被膜(Fe34)を形成させ防錆液に浸漬する処理 (S45C、SCM435等)

株式会社 松徳工業所
大阪府柏原市円明町1000-30
TEL.072-977-0112 FAX.072-977-0122