「松徳さんに頼んでいたら安心です」と、
心から言ってもらえる会社を目指します。

代表取締役 横尾臣則

私たちは熱処理を行う専門の企業として、品質はもちろんのこと、コスト競争力、納期遵守、生産能力、サービス等、すべてにおいて顧客をはじめ仕入先、そして地域社会に認められることを目指しています。

これから弊社に入社される方においては、熱処理というニッチな仕事について、まずは現場を経験して、理解してもらい、営業・製造・検査・品質管理等の部署で総合的に知識と技能を習得してください。

国家資格である熱処理技能士にもチャレンジし、国から認められた技能士を目指してください。

弊社は、社員同士の仲がよく、先輩、後輩に関わりなく、協力して仕事をしています。各部署には経験豊富なリーダーがおり、OJTでの教育を推進し、皆がスキルアップに努力しています。
異業種の方も、きっと個性を発揮し、熱処理という仕事の醍醐味を知ることができることと思います。

熱処理された製品は、外からは中身が見えないゆえに、技術者の仕事の質が問われる、ごまかしがきかない仕事です。だからこそ、私は経営者として、器用な人、要領の良い人より、自分の失敗や 間違いを認め、きちんと申告、報告できるような正直な人を尊重します。

Staff タッフインタビュー

個人の経歴や能力を
活かせる会社です。

工場長 友清繁

私は主に、品質保証の責任者として、製造品質の管理をはじめ、工場全体の人材教育、指導、人員配置などを行っています。
特に人員の配置については、個人の経歴や能力など考えた配置を行っています。
というのも、私自身が入社するまで公的機関で建築土木の仕事をしており、全くの異業種からの転職のため、入社当初は熱処理のことや、基本的な機械の修理、トラブル処理 などが全く分かりませんでした。それでも、目の前にある一つひとつの問題に真剣に取り組むことで、今ではしっかりと対処できるスキルが身につきました。

前職で、建材の試験をやっていたことも、今の仕事である品質検査において役立っています。工場の責任者となった今、私に先輩社員や同僚が様々なことを教えてくれたように、これからもコミュニケーションが豊富な職場づくりも大事な点と考えています。

当社は、トップである社長が、新しい事業であったり新規のプロジェクトに積極的なので、人材教育を充実させ、個人も、企業も成長していくことを考え、これから入社される方々と一緒に成長していきたいと思います。

熱処理の奥深さを
知ってほしい。

加工部 課長 平井寿幸

私は加工部の課長として、お客様からの相談や要望を受け、それを現場で展開しています。お客様から預かった製品を、生産計画を立てながら熱処理加工を行うほか、熱処理炉の修理保全活動も行っています。松徳工業所は、職場内の雰囲気も明るく、相 談や意見が言いやすい環境です。経験年数に関係なく、仕事の実力(結果)で評価をしてもらえ、やる気のある人は次のステップに進んでいけます。長いから偉いのではなく、頑張る人、実力のある人が上にいける、そんな風にちゃんと人を見てくれる会 社です。私も前職は今とは全く関係のない運送業をやっていました。

熱処理加工の面白いところ、やりがいは、素材や処理方法、材料の配分が少し変わるだけで結果がまるで違うところ。独自のスキル認定表もありますが、熱処置の知識は終わりがないので、いろんな文献を読みながら日々勉強しています。奥が深いので、ものづくりや、何かを突き詰めたい人にはきっとその面白さを知ってもらえるでしょう。当社には大きく分けて4つの熱処理炉があります、それぞれにスキルが必要になりますが、頑張ってやってみようという気持ちがあれば、必ず身に付けることができますよ。

高い技術を目指すので
長く頑張れる!

品質保証部 主任 奥川翔吾

私は品質保証部で、硬度検査など製品品質の向上、工程を管理する加工品質の向上、異物を排除する品質の改善など、主に品質の向上に関わる業務を担当しています。熱処理条件の妥当性にもとづき、常に、良品のみをお客様に届け、信頼されるよう努力しています。
現在は、非常に責任のある業務に携わっていますが、これまで試行錯誤の連続で、本当に基本から先輩に教えてもらいながら、ここまでやってこれました。例えば、金属組織を観察する際に行う「試料づくり」がうまくできずに苦労したのも、今ではいい思い出です。

試料づくりの流れは、製品を切断→樹脂に埋め込み→バフ研磨→腐食→顕微鏡観察という流れですが、特にバフ研磨で苦労し、先輩や上司にアドバイスやコツを教えてもらいながら、何度も挑戦し、うまく作れるようになった時は本当に嬉しかったです。
私が教えていただいたように、後輩たちにも教えていきたいと思います。当社は、部署が異なってもみんなフレンドリーなので、先輩にも気軽に相談でき、上司もすぐに応えてくれます。他社ではできなかった品質を実現できた時や、これまでにない硬度の製品ができたときなど、技術力を実感します。これからもより高みを目指しながら長く頑張れると思います。

募にあたって

  • 熱処理という
    仕事について

    日本刀をつくる刀鍛冶のように、金属の熱処理によって、素材に求められる強度や硬さを実現すること。それが私たち『松徳工業所』が行っている仕事です。自動車や船舶、建設機械、農業機械など、世の中には鉄を使った製品や部品がたくさんありますが、それらは「熱処理」を行うことで、耐久性や耐摩耗性、耐熱性などを高め、最終的な製品になります。一般的には馴染みの少ない「熱処理」という仕事ですが、歴史は古く熱処理が日本のものづくりを支えていると言っても過言ではありません。

  • 当社の
    特徴について

    当社では創業以来50年近い歴史の中で、焼入焼戻し、焼きなましなどの一般熱処理や浸炭窒化、ガス窒化など、目的別に様々な熱処理方法を実践し、あらゆる熱処理を可能にする設備を完備しています。これまで多くの大手上場メーカー、優良メーカーとも直接取引を行い、高い評価をいただいています。

  • 育成と
    評価について

    「熱処理業」に携わる資格の取得をはじめ、独自のスキル認定表を用意。意欲的に技術向上に取り組む方をサポートし、功績に応じてしっかりと評価いたします。また、当社は異業種からの中途採用も多く、先輩社員と新人の仲がよい、とても風通しのよい社風であることも特徴です。仕事を通じて段階的に学びながら、将来的には金属熱処理技能士資格取得を目指していただければと考えています。